宮越工芸について

HISTORY宮越工芸の歩み

確かな技術。たゆまぬ挑戦。

当社は昭和25年、銅器花瓶の着色業を主として高岡市横田町に創業し、
昭和45年にはアルミ建材製品の工場を新設して以来、全国有数の建材塗装メーカーとして活躍してまいりました。
この後も、もの作りに対するたゆまぬ努力と、新しい分野への挑戦をもって、社会への貢献を果たして行きたいと考えています。

  1. 1950

    銅器の着色工場として、
    宮越工芸社を創業

  2. 1970

    アルミ建材の皮膜処理工場及び
    塗装工場を新設

  3. 2006

    粉体塗装設備を本社工場に
    新設

COMPANY企業情報

ADDRESS
本社/〒933-0951 富山県高岡市長慶寺995
  • 業員数

    180

    2019年6月1日現在

  • 創業

    69

    2019年6月1日現在

  • 生産能力

    10万m2/月

    2019年6月1日現在

FOLLOW US!

BUSINESS GUIDE事業分野

私たちの技術は
様々な環境で生きています。

コーティングの重要な役割は、被塗装物への美観とその保護です。
多様な環境に耐える塗料と、その塗装仕様を含めた技術開発を進めています。

  • ビル建材製品
  • 住宅・エクステリア
    建材製品
  • 公共施設・車両部品等

MOVIE紹介ムービー